お気に入りに追加

Microsoft Outlook 2007

スポンサードリンク

時間と情報の管理、境界を越えた接続、および受け取った情報の管理のための統合ソリューションです。

Microsoft Outlook
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2007-11-22
対応OS: Windows Xp sp2 ,Windows 2003
ファイルサイズ: 2.40MB
ソフト作者: 

対応言語

Microsoft Outlook 2007】の開発者説明

Advertisement
時間と情報の管理
情報を適切に整理して、時間を節約し生産性を向上させることができます。
あらゆる情報のクイック検索 統合されたクイック検索により、Office Outlook 2007 のインターフェイスからあらゆる情報を検索できます。キーワードで情報を検索するだけでなく、クイック検索によって電子メールの添付ファイルからキーワードを検索することもできます。クイック検索ウィンドウで条件を入力すると、検索結果を絞り込むことができます。
優先順位の管理 To Do バーを使用して、一日の予定を整理し、優先順位を管理します。To Do バーでは、予定表、今後の予定、仕事、およびフラグ付きのメールが 1 つのビューに統合され、この情報に基づいて行動できます。
ユーザー インターフェイスのデザイン変更による処理の高速化 Office Outlook 2007 では、電子メールの作成に関連するインターフェイスのデザインが変更され、これにより、電子メールの作成、書式設定、および処理を直観的に実行できるようになりました。Office Outlook 2007 の豊富な機能はすべてメッセージからアクセスでき、簡単に見つけることができます。
視覚による情報の識別 Office Outlook 2007 の色分類項目を使用すると、任意の種類の情報を容易にパーソナライズしたり、分類項目を追加したりできます。色分類項目によってアイテムを視覚で識別できるため、データの整理や情報の検索が容易になります。
ワン クリックで添付ファイルをプレビュー 多くの場合、電子メールの添付ファイルにアクセスするには複数ステップの処理が必要で、内容をすばやく簡単に見る方法はありません。添付ファイル プレビュー機能を使用すると、Office Outlook 2007 から直接ワン クリックで添付ファイルをプレビューできます。

境界を越えた接続
同僚、顧客、友人、および家族とあらゆる種類の情報を共有できます。
インターネット予定表の作成と購読 インターネット予定表は、企業のイベントまたは個人の趣味の予定表やスケジュールを表示し、最新の状態に保つための手段です。静的なインターネット予定表を追加したり、Office Outlook 2007 の動的なインターネット予定表を購読したり、個人のインターネット予定表を作成して他の人と共有したりできます。
予定表スナップショットにより、他のユーザーに予定表の情報を送信 予定表の情報を他のユーザーと簡単に共有することができます。予定表スナップショットを使用すると、HTML 版の予定表が作成されます。これを使用して他のユーザーと予定表の情報を共有できます。
Microsoft Office Online にインターネット予定表を公開 Office Outlook 2007 では、新しいインターネット予定表を簡単に作成できます。作成した予定表を安全な方法で Office Online に公開して、他のユーザーと共有できます。Microsoft Passport の資格情報を使用すると、同僚、顧客、友人、または家族を招待して、予定表の表示や共有を勧めることができます。招待されたユーザーは最新の情報を確認できます。
Microsoft Windows SharePoint Services テクノロジと完全に統合 Office Outlook 2007 では、Windows SharePoint Services テクノロジに格納されている情報にいつでもどこからでもアクセスできます。Office Outlook 2007 から Windows SharePoint Services の予定表、ドキュメント、連絡先、または仕事に接続して、すべての編集機能を使用できます。Outlook 2007 から情報を変更した場合、その変更内容を SharePoint サーバーに反映できます。
Microsoft Exchange Server 2007 による機能とコラボレーションの強化 Office Outlook 2007 と Microsoft Exchange Server 2007 を併用すると、コラボレーション機能とセキュリティ機能を強化できます。Exchange Server 2007 は、動的なメールボックスの接続、統一されたメッセージ機能、および最新の迷惑メール対策を提供します。
Outlook からワン クリックでメッセージを送信 Outlook には、Office Outlook 2007 と携帯電話の間でテキスト メッセージおよび画像メッセージを送受信できる、Outlook Mobile Service 機能が備わっています。また、Outlook Mobile Service を使用すると、自分または他のユーザー宛に Outlook の電子メール メッセージ、連絡先、予定、および仕事をテキスト メッセージとして転送できます。電子メール メッセージ、アラーム、および 1 日の予定表を携帯電話に自動的に送信するように Office Outlook 2007 を設定することもできます。
Office Outlook 2007 からの RSS 購読 RSS (Really Simple Syndication) フィードを Office Outlook 2007 から購読したり使用したりできるようになりました。Office Outlook 2007 は、このような情報の管理に最適のプログラムです。Office Outlook 2007 から RSS 購読のホーム ページを使用して、簡単に RSS フィードを追加できます。
電子名刺のカスタマイズと共有 電子名刺を使用すると、情報の作成とカスタマイズ、および顧客、クライアント、または友人との情報の共有を簡単に行うことができます。受け取った人があなたの名刺を簡単に識別できるように、電子名刺に写真、会社のロゴ、またはその他の個人情報を追加できます。

電子メールの制御と保護の強化
Office Outlook 2007 では、情報を管理したり、悪意のあるサイトから保護したりできます。
迷惑メールの受信防止と悪意のあるサイトへのアクセス防止 Microsoft Office outlook 2003 で導入された迷惑メール フィルタにより、受信トレイが迷惑メール メッセージでいっぱいになるのを防ぐことができます。迷惑メール フィルタだけでなく、Office Outlook 2007 には個人情報の漏洩を防ぐ機能も追加されました。新しいフィッシング対策機能により、フィッシング サイトへのリンクが無効になり、電子メール メッセージに悪意のあるコンテンツやフィッシング コンテンツが含まれている場合は警告が表示されます。
Exchange Server 2007 による保護とセキュリティの強化 Office Outlook 2007 と Exchange Server 2007 との連携により、新しい迷惑メール フィルタにフィッシング対策機能が追加されます。Exchange Server 2007 は受信電子メールに対して最初にスキャンを実行し、電子メール メッセージの正当性を判断します。正当でない場合は、電子メール メッセージに含まれているリンクや URL を無効にしてユーザーを保護します。
機密情報の配布の制御 Information Rights Management (IRM) 機能により、受信者が重要な電子メール メッセージを転送、コピー、または印刷しないようにして、会社の資産を保護します。メッセージの有効期限を指定することもできます。有効期限が過ぎると、そのメッセージを表示することも、メッセージに対してその他の処理を行うこともできなくなります。IRM 機能を使用するには、Microsoft Windows Rights Management Services (RMS) が実行されている Microsoft Windows Server 2003 以降のサーバーが必要です。
管理対象電子メール フォルダによるコンプライアンス Exchange Server 2007 は管理対象電子メール フォルダを提供します。このフォルダは、ドキュメントの保持期間、アーカイブ、およびコンプライアンスに対応するための新しい手段です。ユーザーは Office Outlook 2007 でこれらのフォルダを他のメール フォルダと同じように表示させ、使用しますが、このフォルダに格納されているメッセージには、管理者によって保持期間、アーカイブ、および有効期限のポリシーが定義されています。管理対象電子メール フォルダを使用すると、ユーザーと管理者はメッセージ保持期間に関するさまざまな形式の外部規制や社内ポリシーに容易に従うことができます。
Office Outlook 2007 の電子メールの消印による、電子メールの正当性の保証 Office Outlook 2007 の電子メールの消印は、受信トレイに届いた電子メールが正当であることと、Office Outlook 2007 によって送信された電子メールが受信者のクライアントで信頼されることを保証します。この機能は、迷惑メールを阻止しようとするマイクロソフトの取り組みの一環として開発されました。この機能を使用すると、送信者のコンピュータで演算処理 (パズル) が実行され、その結果が正当性を示すトークンとして電子メール メッセージに割り当てられます。これらの電子メールの消印は処理に時間がかかるため、スパムなどの大量の電子メールを送信するユーザーには技術的な支障となりますが、通常の電子メールの送信には影響ありません。

プログラム関連 Microsoft Outlook

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com